X

L81-I STA

熱重量・示差熱同時測定

説明

LINSEIS L81-I(同時熱分析)は、トップローディングサーモバランスとして設計されており、優れたドリフト安定性、堅牢な設計、最高のTGおよびDSC / DTA再現性を提供します。すべての測定システムは、ユーザーが簡単に交換できるため、迅速で簡単なシステム処理が可能です。 -150°Cから2400°Cまでの幅広い炉(オプションのターンテーブル)と最大25g / 3mlの大きなサンプル質量は、このシステムのユニークな機能です。

天びんの設計は、高真空(10E-5mbar)、不活性、還元、流動、または加湿の雰囲気を提供できます。適切な予防措置を講じることで、腐食状態を分析できます。このシステムは、オプションの加熱キャピラリーを使用して残留ガス分析システムを適合させることができます。

装置は真空気密設計のため、静的および動的な雰囲気が可能です。オプションのガス制御ボックスと真空ポンプを接続できます。

 

装置に興味がありますか?

もっと情報が必要ですか?

今すぐお問い合わせください!

 

リクエストを送信>>

仕様

Linseis Turbo Pumpe Tiegel

L81-I STA
温度範囲: -150~500/1000°C
RT~1600/1750/2000/2400°C
サンプル質量: 最大25g / 3ml
感度: 1 ug
真空: 10E-5mbarまで
自動停止機能: オプショナル
ガス制御(オプション): 最大4種
センサー: TG
TG – DTA
TG – DSC
TG – DSC-Cp
センサータイプ: E / K / S / B
エレクトロニクス: 一体型 又は外付けタイプ

ソフトウェア

すべてのLINSEIS熱分析機器はPCで制御されています。個々のソフトウェアモジュールは、Microsoft®Windows®オペレーティングシステムでのみ実行されます。完全なソフトウェアは、温度制御、データ収集、データ評価の3つのモジュールで構成されています。 32ビットソフトウェアには、測定の準備、実行、およびSTA測定の評価に必要なすべての機能が組み込まれています。 LINSEISは、専門家とアプリケーションの専門家のおかげで、わかりやすく包括的なユーザーフレンドリーなアプリケーションソフトウェアを開発することができました。

TG –機能

  • %およびmgとしての質量変化
  • 速度制御質量損失
  • 質量損失の評価
  • 残留質量評価

 

高温DSC –機能

  • ガラス転移温度
  • 曲線減算
  • 複雑なピーク評価
  • サンプル温度の多点校正
  • エンタルピーの変更のための多点校正
  • 比熱(Cp)キャリブレーション
  • 信号操作の測定手順

一般的な機能

  • テキスト編集可能なプログラム
  • 停電時のデータセキュリティ
  • 熱電対破壊保護
  • 最小限のパラメーター入力での繰り返し測定
  • 電流測定の評価
  • 最大32カーブのカーブ比較
  • 評価の保存とエクスポート
  • データASCIIのエクスポートとインポート
  • MS Excelへのデータエクスポート
  • マルチメソッド分析(DSC TG、TMA、DILなど)
  • ズーム機能
  • 一次微分、二次微分曲線
  • プログラム可能なガス制御
  • 統計評価パッケージ
  • フリースケーリング

用途

アプリケーション例:セメント

セメントの主要部分は、ケイ酸三カルシウム、ケイ酸二カルシウム、アルミン酸三カルシウムです。水でセメントを塗ると、さまざまな水和物がゆっくりと形成されます。吸収された水が最初に蒸発し、次にケイ酸カルシウムの水和物が分解し、570℃でカルシウム、マグネシウム、およびアルミニウムの水酸化物が続きます。その後、炭酸カルシウムCO2分割します。

L81-I STA Applikation Zement

ダウンロード

概要

製品パンフレット
L81サーマルバランス(PDF)

ダウンロード