X

GSA PT 100

高温高圧下での重量収着測定

説明

リンザイスは、広範な重量収着分析装置を提供しています。当社の統合ソリューションは、付属のソフトウェアを使用して、圧力、温度、ガスの計量を個別に制御する機能を提供します。リンザイスGSA PT100シリーズの中心にあるのは、独自の磁気計量天びんです。この天びんでは、非常に攻撃的なガス反応室を備えています。 -196°C〜1800°Cの温度範囲と、350 barまでの超高真空の圧力範囲で、さまざまなリアクターが選択できます。

オプションで、システムにガスおよび/または蒸気制御を装備することができます。 0〜100%の無段階湿度制御用の特別な蒸気発生器も利用できます。必要に応じて、システムをEGA(Evolved Gas Analysis)のガス分析器と組み合わせることもできます。

Linseis GSA PT 100を使用すると、収着プロセス、拡散プロセス、表面張力、サンプル密度を簡単に測定できます。さらに、化学反応や腐食、分解、燃焼などの生産プロセスの調査にも適しています。これらはプラントで完全にシミュレートできます。

Service Anfragen bei Linseis

 

装置に興味がありますか?

もっと情報が必要ですか?

今すぐお問い合わせください!

 

リクエストを送信>>

仕様

金属バージョン
温度範囲: -196~ 2400°Cまで
圧力範囲: UHV-超高真空~150bar
サンプル重量: 10 g(標準バランス)
感度: 1 ug
発生ガス分析: MS / FTIRが可能
オプション: 特別なカスタムバージョンを作製可能
ガラスバージョン
温度範囲: 900°Cまで
圧力範囲: 1.3 barまでの真空
サンプル重量: 10 g(標準バランス)
感度: 1 ug
発生ガス分析: MS / FTIRが可能
オプション: 特別なカスタムバージョンを作製可能

ソフトウェア

すべてのLINSEIS熱分析機器はPCで制御されています。個々のソフトウェアモジュールは、Microsoft®Windows®オペレーティングシステムでのみ実行されます。完全なソフトウェアは、温度制御、データ収集、データ評価の3つのモジュールで構成されています。 32ビットソフトウェアには、測定の準備、実行、およびSTA測定の評価に必要なすべての機能が組み込まれています。 LINSEISは、専門家とアプリケーションの専門家のおかげで、わかりやすく包括的なユーザーフレンドリーなアプリケーションソフトウェアを開発することができました。

TG –機能

  • %およびmgとしての質量変化
  • 速度制御質量損失
  • 質量損失の評価
  • 残留質量評価

一般的な機能

  • テキスト編集可能なプログラム
  • 停電時のデータセキュリティ
  • 熱電対破壊保護
  • 最小限のパラメーター入力での繰り返し測定
  • 電流測定の評価
  • 最大32カーブのカーブ比較
  • 評価の保存とエクスポート
  • データASCIIのエクスポートとインポート
  • MS Excelへのデータエクスポート
  • マルチメソッド分析(DSC TG、TMA、DILなど)
  • ズーム機能
  • 一次微分、二次微分曲線
  • プログラム可能なガス制御
  • 統計評価パッケージ
  • フリースケーリング

用途

アプリケーション例:700°Cでのチタンへの水素吸着

GSA Applikation Wasserstoffadsorption von Titanium bei 700°C

ダウンロード

概要

Linseis Produktbroschüre GSA

重量測定吸着分析装置
(PDF)

ダウンロード