誘電体分析のための測定器 - LINSEIS
X

誘電分析

誘電分析-誘電硬化モニタリング

説明

On point

誘電性硬化モニタリングは、電気的特性を測定して硬化を決定します熱硬化性材料の状態と粘度を確認すると同時に、化学、反応速度、配合、物理的パラメーターに関する洞察を提供します。Lambient Technologiesの装置、センサ及びソフトウェアは、柔軟性と使いやすさのために設計されており、ポリマーを研究し、その結果を使用して最終製品を最適化するため、それらが一体となって統合システムを形成しています。

誘電硬化モニタリングは、研究開発、品質保証/品質管理、および製造で使用できる唯一の方法であり、定量情報を容易に適用でき、ポリマー処理のあらゆる場面に用意に付属させることが可能です。

処理環境:

  • オーブン
  • プレス機
  • オートクレーブ
  • プルトルーダーおよび押出機
  • バッチ反応容器

 

装置に興味がありますか?

もっと情報が必要ですか?

今すぐお問い合わせください!

 

リクエストを送信>>

仕様

モデル DEA
物理的:
サイズ: 17” W x 16” L x 3.25” H
重量: 16ポンド
電気的:
電源: 100 VAC〜240 VAC、50/60 Hzオートスイッチングユニバーサル入力、最大4 A
コミュニケーション: RS-232C、アダプター付きUSB

用途

用途

  • 反応速度、および硬化の研究構築
  • 拡散研究
  • 硬化とプロセス開発/モニタリング
  • 材料試験
  • 品質管理

材料

  • エポキシ
  • ポリウレタン
  • ポリエステル
  • ポリスチレン
  • 複合材料とラミネート
  • バルク/シート成形材料
  • 塗料とコーティング