Linseis LFA 500 - 閃光 - 熱伝導率を測定します
X

LFA 500

簡単な操作で測定が可能

説明

材料の熱物性と最終製品の熱伝達の最適化に関する情報は、産業用途にとってますます重要になっています。過去数十年にわたって、フラッシュ法は、さまざまな種類の固体、粉末、液体の熱拡散率と熱伝導率の測定に最も一般的に使用される技術に発展しました。

LFA 1000 Querschnitt

LFA-断面図

Linseis LFA500 Light Flashは、最大18個のサンプルの熱拡散率、熱伝導率、比熱値を同時に測定するための汎用ツールを提供します。

原理:

サンプルは、炉内にあるサンプルロボットに配置されます。次いで、炉は所定の温度に保持される。この温度で、サンプルの底部にプログラムされたエネルギーパルス(フラッシュランプ)が照射されます。このエネルギーパルスにより、サンプル上部の温度が均一に上昇します。

結果として生じるサンプルの上面の温度上昇は、高速IR検出器によって測定され、温度拡散と時間のデータから熱拡散率の値が計算されます。

高温構成

ライトフラッシュシリーズLFA500は、様々な炉(-50〜500°C、RT〜500/1000°Cまたは1250°C、1450°C(特別仕様))を選択可能で、お客様のニーズに合わせたアプリケーションに適切な温度範囲を確保します。

サンプルロボット

リンザイスLFA 500の各モデルには、サンプルスループットを最大化するためのサンプルロボットが装備されています。 LFA 500 – 500/1000、最大18サンプル、LFA 500/1250、最大5サンプル。

「DOUZA」のCombinedモデル

フラッシュ方式の熱損失と有限パルス補正を組み合わせた世界唯一の組み合わせソリューション。
この1つで全てのモデルに適合します。適切なモデルを選択する必要がありません。

DOUZA –半透明サンプル用の結合モデル

半透明のサンプルに関連する特有の問題を説明し、完璧な測定結果を保証します。

高速IRまたはマイクロヒーター炉

非常に速い加熱および冷却速度による高速測定サイクル。
低質量炉による完璧な温度制御、サンプルの温度変動による測定誤差なし。

Linseis LFA 500/1250 with 1350 booster

Linseis LFA 500/1250°C(1450°C(特別仕様))

Service Anfragen bei Linseis

 

装置に興味がありますか?

もっと情報が必要ですか?

今すぐお問い合わせください!

 

リクエストを送信>>

仕様

LFA 500
温度範囲: -50°C〜500°C
RT~500°C / 1000°C / 1250°C(特別仕様で1450°C)
パルス源: キセノンランプ
パルスエネルギー: 15 J /パルス
調整可能な電力: はい
測定範囲α:熱拡散率 0.01〜2000mm²/ s
測定範囲λ:熱伝導率 0.1から4000 W /(m∙K)
cp 再現性:比熱 ±3%(標準試料)
α 再現性 ±1.9%(標準試料)
cp 精度 ±5%(標準試料)
α 精度: ±2.4%(標準試料)
パルス長: ソフトウェア調整可能
-(Unsichtbar、siehe EXTRA CLASS NAME unten)- -(Unsichtbar、siehe EXTRA CLASS NAME unten)-
サンプル: 固体、液体、粉末、ペースト、薄膜など
サンプル寸法: ∅3、6、10、12.7または25.4 mm
正方形のサンプル10×10または20×20 mm
センサータイプ: InSb、LN2
サンプルの厚さ: 薄膜から高さ6 mmまで
サンプルロボット: 最大18サンプル
サンプルホルダー: グラファイト、SiC、Al2O3、金属(その他はリクエストに応じて)
雰囲気: 不活性、酸化、還元、真空
エレクトロニクス: 一体型
データ収集: 2 MHz
インタフェース: USB

ソフトウェア

LINSEISのすべての熱分析デバイスはPCで制御されており、個々のソフトウェアモジュールはMicrosoft®Windows®オペレーティングシステムでのみ動作します。完全なソフトウェアは、温度制御、データ収集、データ評価の3つのモジュールで構成されています。 Linseis 32ビットソフトウェアは、他の熱分析実験と同様に、測定の準備、実行、評価に必要なすべての機能を備えています。

LFAの機能

  • 正確なパルス長補正、パルスマッピング
  • 熱損失補正
  • 2層または3層システムの分析
  • 完全な評価モデルを選択するためのウィザード
  • 比熱測定
  • 多層システムの接触抵抗測定

 

評価用ソフトウェア

  • 関連する測定データ(密度、比熱)の自動または手動入力
  • 適切なモデルを選択するためのモデルウィザード
  • 有限パルス補正
  • 熱損失補正
  • 多層モデル
  • 接触抵抗の決定
  • Cp(比熱)比較法による測定

測定ソフトウェア

  • 温度セグメント、ガスなどの簡単で使いやすいデータ入力
  • 制御可能なサンプルロボット
  • ソフトウェアは、エネルギーパルス後の修正された測定値を自動的に表示します
  • マルチサンプル測定のための完全自動化された測定手順

用途

用途:PTFE「ポリテトラフルオロエチレン」
アプリケーション:BCR 724ガラスセラミック

PTFEは汎用性の高い材料であり、化学処理や石油化学分野など、さまざまな産業/アプリケーションで使用されています:PTFEは化学的に不活性で腐食に強いため、容器のライニング、シール、スペーサー、ガスケット、掘削用部品、ワッシャーに使用されます。実験室での用途:化学物質に対する耐性、およびPTFE製品の表面に付着する汚染物質がないため、チューブ、配管、容器、容器。電気産業:スペーサー、チューブなどの形で絶縁体として使用Virgin PTFEは、コンベヤーコンポーネント、スライド、ガイドレールの形で、医薬品、飲料、食品、化粧品産業での使用がFDAによって承認されていましたオーブンやその他の加熱システムで使用される他の部品と。半導体セクター:コンデンサーなどのディスクリート部品の製造およびチップ製造プロセスで絶縁体として使用されます。

Linseis LFA 500 Applikationen Anwendungsbeispiel PTFE

BCR724はLFA 500の標準試料として使用されているガラスセラミックである。したがって、測定のために、厚さ1 mm、直径25 mmの小さなディスクをバルク材料のプレートから切り取り、グラファイトでコーティングしました。

LFA 500は、温度の直接関数として熱拡散率を提供します。 Cpデータは、同じサンプルホルダー内で同じ条件下で既知のセラミック標準を測定することにより、比較方法で取得されます。これを使用して、密度、比熱、熱拡散率の積から熱伝導率を計算しました。結果は、温度によってCp値が増加し、熱拡散率と伝導率がわずかに減少することを示しています。

アプリケーション:グラファイト
アプリケーション:再現性調査

グラファイトサンプルはLFA 500を使用して調査されました。熱拡散率は、RT〜1100°Cのいくつかの温度で直接測定されています。比熱容量は、同じサンプルホルダー内に設置してある既知のグラファイト標準を使用して決定されています。拡散率、比熱及び密度から、対応する熱伝導率を算出します。結果は、典型的な熱伝導率の直線的な減少と、500°Cを超えると熱拡散率は傾きがおだやかになっていることが分かります。 Cpは徐々にに増加しています。

さまざまな用途で標準材料として使用されるコーニングのガラスセラミック商標であるパイロセラムは、熱拡散率値の再現性を示すためにLFA 500を使用して測定されています。 1つのバルクブロックから切り出された18個のサンプルを使用して、合計18個の測定が実行されました。各サンプルは個別に測定され、結果は、600℃までの温度範囲で±1%の範囲にある結果の広がりを示しています。

ビデオ

ダウンロード

概要

Light Flash Analysis 500 Product brochure (PDF)

LFA500
(PDF)

ダウンロード

Thermal Conductivity Product brochure (PDF)

熱伝導率
(PDF)

ダウンロード