熱伝導率を決定するための測定装置 - LINSEIS
X

熱拡散率及び熱伝導率

熱伝導率測定-レーザーフラッシュ/ THB / 3オメガ/ HFM-アナライザー

固体および液体の熱伝導特性に関する知識はますます重要になっています。自動車/航空/航空宇宙だけでなく、発電/エネルギー産業またはセラミック産業、建築材料およびガラス産業などの多くのアプリケーション分野では、使用材料の熱挙動に関する非常に正確な情報が必要です。

温度管理は、たとえばエネルギーコストの爆発により建築業界や、高集積の統合デバイスを考えると半導体業界で非常に重要になっています。そのため、この分野でも多くの研究開発が行われています。リンザイスは、様々な熱伝導率測定、熱拡散率測定、比熱測定を幅広くカバーする熱特性測定の経験が豊富です。

LFA 500

LFA-500

LFA 500-LightFlash Analyzer-スタンダードモデル
・温度範囲:-50~500°C及びRT~500°C / 1000°C / 1250°C/1450℃(特別仕様)

詳細

LFA 1000

LFA-1000

LFA 1000-True LaserFlash Analyzer-プレミアムモデル
温度範囲:-125°C / -100°C ~ 500°C及びRT~1250°C / 1600°C / 2000°C / 2800°C

詳細

TF-LFA

Linseis TF-LFA

TF-LFA-Time Domain Thermoreflectance(TDTR)-薄膜の熱拡散率
温度範囲:-100°C〜500°C

詳細

TIMテスター

Linseis TIM Tester

LINSEIS TIM-テスター(熱界面材料テスター)は、サンプル材料の熱インピーダンスを測定し、幅広い材料の見かけの熱伝導率を特定します

  • 電気アクタを使用した自動圧力調整(最大8 MPa)
  • 高解像度LVDTを使用した自動厚さ測定
  • 温度範囲:RT~150°C又はRT~300°C(リクエストに応じて)

詳細

TFA

Linseis TFA

TFA-薄膜アナライザー-最新世代のラボオンチップ技術(nmおよびµm薄膜用)

  • 熱伝導率
  • 抵抗率
  • ゼーベック係数
  • ホールコンスタント
  • 温度範囲:-170°C〜280°C

詳細

HFM

Linseis HFM

HFM-熱流量計-材料の分離に最適なソリューション

温度範囲:

  • 0~40°C
  •  0~100°C
  • -20~75°C
  •  -30~90°C
  • -20~70°C

詳細

THB

Linseis THB

THB-ホットブリッジ方式-サンドイッチセンサータイプの熱伝導率と熱拡散率の測定

温度範囲:

  • –150°C〜200°C
  • -150°C〜700°C

詳細

LZT-メーター

LZT-Meter

LZT-Meter-熱電アプリケーションに最適なツール

温度範囲:

  • -150~500°C
  • RT ~800℃
  • RT ~1100℃/1500°C

詳細

 

どの装置に興味がありますか?

もっと情報が必要ですか?

今すぐお問い合わせください!

 

リクエストを送信>>

ダウンロード

概要

Linseis Produktbroschüre Thermal Conductivity

熱伝導率

装置カタログ(英語版)(PDF)

ダウンロード

Linseis Product Overview English

Linseis装置カタログ(英語版)(PDF)

ダウンロード