X

受託測定

LINSEISMessgeräteGmbHは、熱物理およびマイクロメカニカル測定装置のメーカーとして高い評価を得ており、お客様の物理的特性評価のニーズを満たすことが可能です。

材料試験の要件が何であっても、当社の経験と能力はお客様の要求に応えることができます。受託測定は、機器の購入に代わる経済的な代替手段となります。測定結果は報告書形式で作成され、測定及び報告完了時に顧客に提供されます。受託測定の所要時間は試料受領後1週間程度で、測定完了から数時間以内にテスト結果の概要がメールで送信されます。

測定のご注文の際には:

  • 次の2つのフォームをダウンロードして、可能な限り記入してください。
    次に、フォームを電子メールで(事前に)メールでお送りください。

Linseis Messgeräte GmbH
Auftragsmessung /サービスラボ
Vielitzerstr。 43
95100 Selb /ドイツ

Eメール:info@linseis.de
件名:Auftragsmessung / Service Lab

  • サンプルに優先順位がある場合は予めご連絡ください。
  • 通常、測定は試料受領後1週間以内に実行でき、結果は電子メールで送信されます。

 

さらにサポートが必要な場合は、遠慮なく当社の専門家にご連絡ください。

リンセイスサービス研究所にお問い合わせください

 

次の測定値は、アプリケーションラボでサービスとして提供できます。

DIL –膨張計

  • -150°C〜1750°Cの間の熱膨張係数および熱膨張係数の決定
  • 275ユーロからの測定
  • ASTM D 696、E 228、E 831、E 1363、E 1545、E 1824、DIN 53752に準拠

DSC –示差走査熱量測定

  • エンタルピー、相転移、比熱容量(Cp)の測定、-150°C~1550°Cまでの測定
  • 250ユーロからの測定
  • ASTM C 351、D 3417、D 3895、D 4565、E 793、E 794、DIN 51004、51007、53765、65467、DIN EN 728、ISO 10837、11357、11409に準拠

TGA –熱重量分析

  • RT~1550°Cの間の質量変化/分解残留物の測定
  • 300ユーロからの測定
  • ASTM E 914、E 1131、E 1868、DIN 51006、ISO 7111、11358に準拠

STA –(TG-DSC及びTG-DTA)

  • RT~1550°Cの間の重量変化と熱量の決定のためのTGとDSCの同時測定
  • 350ユーロからの測定
  • ASTM E 914、E 1131、E 1868、DIN 51006、ISO 7111、11358に準拠

LFA-レーザーフラッシュ測定

  • RT~1500°Cの間の熱拡散率、熱伝導率、比熱容量の測定
  • 550ユーロからの測定
  • ASTM E 1461、DIN 30905、DIN EN 821に準拠

THB-ホットブリッジ方式による熱伝導率測定

  • RTと150°Cの間の熱伝導率の測定
  • 250ユーロからの測定
  • による – –

HFM –熱流量計

  • 5°Cから80°Cの間の絶縁体および断熱材の熱伝導率と熱抵抗(u値)の測定
  • 300ユーロからの測定
  • ASTM C518、JIS A 1412、ISO 8301、DIN 12667に準拠

LSR-ゼーベック、抵抗、ZT測定

  • RTと1100°Cの間のゼーベック係数、電気伝導率/電気抵抗、性能指数(ZT)の測定
  • 350ユーロからの測定
  • JIS R 1650-1に準拠

RITA –誘導膨張計

  • 鉄鋼サンプルの相図と相転移の測定、CCT、CTT、TTT;
  • RT~1600°Cの間の高速加熱および冷却速度での熱膨張係数(CTE)の測定
  • 450ユーロからの測定
  • ASTM A1033-04に準拠

TFA –薄膜アナライザー

  • -160°C〜+ 280°Cの薄膜およびコーティングの熱伝導率、比熱、抵抗率、ゼーベック係数およびホール係数の測定
  • 750ユーロからの測定

TF-LFA –薄膜用レーザーフラッシュ測定

  • RT~500°Cの間の薄膜とコーティングの熱拡散率と熱伝導率の測定
  • 1700ユーロからの測定